大地がくれた絆、JA水戸の農畜産物

茨城県の中央部に位置し、県都の水戸市を中心に、大洗町、茨城町、城里町(常北地区、かつら地区)の1市3町からなるJA水戸。
大部分を占める平野部に、那珂川が地域の北東部に沿って太平洋にそそぎ、南部に流れる涸沼川が那珂川と合流しています。
農業面では、水戸市が標高30m前後の市街地に広がる一方で、畑作農業が盛んであり、穀倉地帯は茨城町・水戸市の内原地区と常澄地区に見られ、城里町(常北地区、かつら地区)の中山間地帯や茨城町・水戸市・大洗町には畑作地帯が広がっています。

logos 豊かな水と大地と温暖な気候、そして生産者の工夫と情熱がはぐくんだ大地の恵み。
「おいしかった」の声が、つくる喜びに。
農畜産物は、大地と人、つくる人と食べる人を結ぶ大切な「絆」です。

 

代表的な農産物

メロン

メロン

さわやかな香りと甘さが魅力のメロンは、茨城県が収穫量日本一。JA水戸では茨城町が銘柄産地として指定を受け、青肉のアンデス、オトメ、赤肉のレノンなどのネットメロンが中心です。

バレイショ(ジャガイモ)

バレイショ(ジャガイモ)

加工用を中心に栽培されているバレイショ(ジャガイモ)。業者との契約栽培に取り組んでいます。一般的に有名な、あのポテトチップもJA水戸のバレイショかも?

イチゴ

イチゴ

真っ赤な色と甘い香りが魅了されるイチゴ。人気の「とちおとめ」を中心に、茨城オリジナル・ブランドの「いばらキッス」など、地域の特性に合わせた品種を栽培しています。

みず菜

みず菜

シャキッとした歯ざわりが持ち味のみず菜は、もともとは京野菜。今では、鍋物やサラダに欠かせない存在になりました。JA水戸でもひぬま地区を中心に、管内各地で栽培しています。

トマト

トマト

ニラ

ニラ

ニンジン

ニンジン

小松菜

小松菜

ほうれん草

ほうれん草

カンショ(サツマイモ)

カンショ

その他の農畜産物

  • 牛肉(常陸牛)
  • 豚肉
  • クリ
  • ナシ
  • キャベツ
  • キュウリ
  • ゴボウ
  • 大根
  • ナガイモ
  • ナス
  • ハクサイ
  • パプリカ

地域オリジナルの農産物

柔甘(やわらか)ねぎ

柔甘(やわらか)ねぎ

柔らかく、甘みがあることからその名が付いたネギ。GAP(農業生産工程管理)の取り組みをはじめ、農薬の量を最低限に減らし、有機質肥料をたっぷり入れて育てます。緑の部分まで柔らかく、生でもおいしく食べられます。

くわしくはこちら

レッドポアロー

レッドポアロー

鮮やかな赤紫色が目を引く赤ネギ。城里町・かつら地区の一部地域でしか採れない茨城県の伝統野菜は、独特の風味と甘みがあり、葉まで食べられる柔らかさが特長です。食の世界遺産といわれる「味の箱船」に県内で初認定。生産者全員がエコファーマーの認定を受けています。

ブランド米

ブランド米

「水戸っ穂」「風彩常澄(かぜいろつねずみ)」「ひぬま天恵米」「コケコッコー米」など、地域の特性にあわせ、栽培方法にこだわったオリジナル・ブランド米を栽培しています。

風彩常澄